平成28年4月〜平成29年3月
―安全理念―
西多摩運送は、
 物流会社として社会的責任を自覚し、
   クルマ社会の安全を常に追求いたします。

―安全方針―

(1) 輸送の安全を会社経営の第一と考え、
  安全性向上のための活動を継続的に行います。

(2) 関係法令及び安全管理規定を遵守し、絶えず輸送の安全確保に努めます。


―安全目標―

事故ゼロを達成する
常に昨年実績対比半減(50%減少)を目指します。

平成27年4月1日改訂
西多摩運送株式会社

西多摩運送は以下の組織体制及び指揮命令系統により、輸送の安全に関する情報の伝達と共有化を図るとともに、積極的に労働災害・交通事故防止に取り組んでおります。

また、各組織の主な取組は以下のとおりです。(安全管理規程より抜粋)
社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。
 
安全統括管理者は、全社員に対し、関係法令等の遵守と輸送の安全の確保が最も重要であるという意識の徹底を図ります。
事業部は、安全統括管理者の命を受け、輸送の安全の確保に関し、管轄する営業所を統括し、指導監督を行います。
 
営業所は、事業部長の命を受け、輸送の安全の確保に関し、営業所内の全従業員を統括し、指導監督を行うと共に、適正な運行管理、従業員への安全教育・指導、車両の適正管理を徹底し、事故の撲滅に取り組みます。
 
従業員は、グループ(小集団)ごとによる危険予知トレーニングを自主的に実施すると共に、安全運行のための教育を定期的に享受いたします。
品質管理部は、定期的に行う巡回内部監査において、各現場の安全確保の取り組み状況の確認や教育指導の進捗状況の確認、不適合部分の検証を行い、改善を促します。
 
また、各事業所の事故防止活動をバックアップすると共に、乗務員の安全意識に対する啓蒙活動として、定期的に安全ニュースおよびスローガンを発行すると共に、事故の発生時には事故速報を発行し、全営業所へ伝達をすることによる情報の共有化(他山の石)を図ります。

日常業務の安全確実な実行に対しては、安全従業員表彰制度を設け、無事故の従業員を表彰しております。



安全に対する取組について

年に2回安全マネジメント会議(安全委員会)を開催し、社長以下労働組合を含めた全ての部署の担当者により事故原因の追究や防止策に関して話し合い、再発の防止に努めております。



  平成27年度輸送の安全に関する結果及び平成28年度目標(今期目標値)

自動車事故報告規則に規定する事故 昨年度(平成27年度):0件
 
経営基本指針の1つである『事故ゼロを達成する』を安全目標として掲げ、全従業員が事故減少を認識し、事故防止対策に取り組むよう周知徹底を図る。

 
本年度(28年度)は前年実績50%削減の12件を目標とし、運行中における安全確認、基本動作の励行、法令遵守、職場における従業員間のコミュニケーション、教育等を通じて全営業所、運転者に周知徹底を図り事故削減に取組んでいく。

 西多摩運送(株)教育・研修計画(各営業所は個別に自主計画を作成)